dig out

MOVIE

New! MOVIE

世界で注目される東南アジア映画
筆者がおすすめする作品10選を紹介

mb_strwidth(get_the_content(''),'UTF-8')/2;   多様な民族、文化、宗教を背景に持つ国々が、その特色を活かした作品を数多く発表しており、いま東南アジアの映画界は世界に注目されている。そんな中で筆者が実際に鑑賞しておすすめしたい作品を紹介しよう。
MOVIE

「夜を乗りこなす」「見えないこと」を「見る」
――映画『ナイトクルージング』、点字図書館

mb_strwidth(get_the_content(''),'UTF-8')/2;   見えない監督の映画に、あなたは何を“観る”か? 生まれながらの全盲者の映画制作を追うドキュメンタリー。「あぁ、見えてない。それがどうした?」 視覚がなく、光すら感じたことのないカメラマンが監修。
MOVIE

「挫折」をめぐる覚書 私たちはこれとどう向き合うのか
映画キッズリターン

mb_strwidth(get_the_content(''),'UTF-8')/2;   「挫折」と聞いてどのようなことを思い浮かべるだろうか。自分がこうしたいと思っていたものが、邪魔が入ったり、運が向いてなかったりで思い通りに進まないことなのか、映画キッズリターンからヒントを探る。
MOVIE

映画に癒される体験。秘境ブータンの自然が、人々が素晴らしい

mb_strwidth(get_the_content(''),'UTF-8')/2;   ブータンは、ヒマラヤ山脈を望む山岳地帯にある、人口70万人ほどの小さな国。「世界一幸せな国ブータン」とアピールするなど、とてもユニークな国です。そんなブータンで非常に珍しい映画作品を紹介します。
NART

映画『僕が跳びはねる理由』が自閉症の偏見を覆す力に溢れている理由

mb_strwidth(get_the_content(''),'UTF-8')/2;   本作は、自閉症の作家が13歳の時に執筆し、100万部を超える世界的ベストセラーとなったエッセイ「自閉症の僕が跳びはねる理由」をもとにしたドキュメンタリーだ。自閉症という課題に向き合う社会派映画を紹介。